弥彦菊まつり

 

 弥彦神社の御祭神・天香山命(あまのかぐやまのみこと)は、天照大御神の御曾孫にあたられ、越後国の文化・産業発展の祖神として「おやひこさま」の敬称で県内外から篤い信仰を寄せられています。

神社の御神殿は、古代より朝廷・将軍家、武将などにより、たびたび造営・修造され、美麗を極めたと伝えられています。しかし明治45年、門前からの大火により、御本殿以下の殆どが焼失しました。

 その後多くの浄財と勤労奉仕により、大正5年現在の荘厳・壮大なる御社殿が御再建されました。

弥彦山を背景に神気溢れる杜に佇むこの弥彦神社には、年間百万人を超える参拝者が敬虔(けいけん)な祈りを捧げています。

 この越後一宮弥彦神社境内で開催される新潟県菊花展覧会「弥彦菊まつり」は、質・出品品目において全国随一の規模を誇る菊花展覧会です。いわゆる菊人形展とは異なり、1年間丹精込めて作られた多くの菊花が出展され、審査が行われます。

 

場所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2 弥彦神社

お問合せ先 弥彦観光協会

025-94-3154