村上大祭

 

 村上大祭は、寛永10年(1633)6月7日、時の村上藩主が神社(羽黒神社)を城から見下ろすのはおそれ多いとして、臥牛山の中腹から現在の場所へ編座されたことを記念して行われました。

羽黒神社の遷宮をお祝いして、町の人たちが大八車に太鼓を積んで町中を練り回したのが村上大祭の始まりと伝えられています。

三基の神興にご神霊を奉還して、荒馬14騎、稚児行列を先導に町内を巡行する「お旅神事」は、圧巻は高さ5メートル以上もある19台のおしゃぎり(屋台山車)です。このおしゃぎりは彫刻を施し、村上伝統の堆朱・堆黒の粋をこしらえ、中には200年以上前に造られたものもあり、まさに絢爛たる美しさです。

江戸時代には、旧暦の6月6日・7日に行われていましたが、明治以降は新暦の7月6日・7日に開催されています。

 

お問合せ先

〒958-8501

新潟県村上市三之町1番1号

村上市商工観光課 観光交流室

0254-53-2111