むこ投げ・すみ塗り

 

 古くから天水越集落に伝わる小正月行事で、今は十日町市松之山温泉街のある湯本集落でも行われています。

前年に結婚した花婿を薬師堂前の高さ5メートル以上ある崖から、雪の上に向かって放り投げるという伝統行事です。

 略奪結婚の名残りで、よそ者に集落の娘をとられたという若い衆の腹いせが形を変えたものと云われています。

 

 すみ塗りは、「賽の神」という神事(別名どんど焼きとも言う)の灰と雪を混ぜ、お互いの顔に「おめでとう」と言いながら塗りあう無病息災・家内安全を願う正月行事です。

 

 

 

 

お問合せ先

〒942‐1432

新潟県十日町市松之山湯本薬師堂

十日町市観光協会松之山事務所 

  025‐596‐3011